【ホテルアンナプルナビュ-】

 

【完成近いホテルアンナプルナビュー】

 

 建設の続いていたポカラのサランコットのホテルアンナプルナビューが2018年のお正月にお客様をお泊めしました(電話00977-61-620344)。それに現場でお付き合いしたので、その姿をご報告します。
 これはワールド航空の菊間潤吾会長の最後までの援助のもとで、ネパール在住の宮原巍がいろいろな困難を乗り越えて仕上げたものです。初登頂した山のようなものです。
 ここは、セティ渓谷を挟んだ向こうにアンナプルナ連邦が立ち上がるのを、正面から見る位置にあります。まったく凄い景観です。こんなところにホテルを作るのは自然への冒涜ではないかと思えるほどの素晴らしい立地なのです。この景観をネパール人とネパールに来た人々に惜しげもなくヒマラヤの山々は与えてくれます。私はこれをネパールの無限に尽きない資源だと考えます。
 7年昔の草の原っぱを思うと、まったく夢のような世界なのです。その正面に見えるアンナプルナ連峰をどう説明したらよいのかです。
 その姿は写真でお見せしますが、写真はその現場で見るもののほんの少ししか表現してくれません。

 

 

 その現場は実は12月31日に宿泊可能に一部完成したのです。
 夏休みの宿題みたいだと笑いあったのですが。ネパール人のワーカーと日本人のみんなの協力が2017年内完成を目指して、ぎりぎり実りました、関係者一同が幻を見ているようだと言いあったように、見事な姿が突然に現れています。
 マーブルの床のロビーの向こうに山々が広がるのですが、それと同じ姿が各部屋の窓から見えます。何とお風呂に入りながら夕日や朝焼けに染まるヒマラヤ8000m以上の山が5座も見えるのです。

 

 

 今、12室が完成しています、快適に泊まれます。料理も素晴らしい。2月にはこれが24室になり、10月には36室になります。完成度が上がるに従い宿泊代が高く変わっていくと思われますので、早めにおいでになることをお勧めします、ワールド航空サービス(03-3501-4111)、ヒマラヤ観光開発(03-3574-9292)、アルパインツアーサービス(03-3503-1911)が予約を取ってくれます。

 

 

 上の写真は、部屋のガラスに映って、東の山に西の山がかぶさっているところ、これが部屋から見える全景です。

 

【建設】

  ポカラの近く、サランコットの丘の上ーーーアンナンプルナ連峰からマナスル三山を目前にする位置に、ホテルを建設する作業が着々と進んでいます。 

  これを進める宮原巍さんと夢を共有する皆さまへ。

  丘の上を整地して、ボーリングで水が出て、石垣を積んで、と着々と進んでいます。11月の状況に2014年1月と11月の様子を加えます。始めのスケッチのような姿にだんだん近づいています。

  これに参画する楽しさをご覧ください。

 

(2014年11月) ここは建設現場、ヒマラヤ桜が満開、向うにサランコットの展望台が見える

 

石垣の基礎が完成

 

建設現場の南面

 

客室棟の最上階のコンクリが打たれる

 

建設現場を東から見た全景、骨格がほとんど仕上がっている

 

 

(2014年1月)

機材が入り斜面への工事が始まっている、下に村の道が見える。

 

山の面が削られて基礎工事が進んでいる、

 

城壁を作る石が運ばれる、やはり重機よりも人海戦術、右には月が

 

 

 

(2013年11月)

 

 

 

 

 (以下は始めのご報告です)

 

 ポカラの近く、サランコットの丘の上のアンナンプルナ連峰からマナスル三山を顔前にする位置に、ホテルを建設する計画が進んでいます。

 

 

 100年ほど昔。河口慧海が鎖国中のネパールに潜入した時の記録に、ポカラが出て来ます。

 

 

 60年ほど昔、私がヒマルチュリ遠征でポカラに来た時、ポカラの飛行場は牛の放牧場で、一日に1回ほど飛行機が来ると低空で飛んでまず牛を追い払い次に着陸しました、私たちも滑走路の隅にテントを張るという、のどかなもので、その向こうにアンナプルナが聳えていました。

 30年ほど昔、20人の先輩(今はそのお一人も存命でない)を案内した時、アンナプルナを右にする、ポカラからサランコット近くのノーダラまでの道は楽しく、それはミニトレッキングでした。ツインオッターでアンナプルナを一周しました。いたくての石楠花の保護調査での帰り、サランコットからポカラへの降りは、足が痛くてずいぶん遠く感じたものです。

 15年ほど昔から、カトマンズ周辺では石楠花、ポカラ周辺では藪椿の植林をしています、ポカラ周辺ではアンナプルナを遠望する所をうろついていました。

 

 

 5年ほど昔、河口慧海が最初の受賞者であったという(お孫さんが受け取られた)NASO賞を橋本龍太郎氏や川喜多二郎氏と共に貰いました。このような嬉しい縁があるとは思ってもいませんでした。もし時間というものがなければポカラで河口慧海に会っていたことになります。

 昨年の2月には、宮原巍さんが計画している、アンナプルナを眼前にするサランコットのホテル建設地からの景観を写しに行きました。そこは素晴らしい。下の写真は目の前にあるマチャプチャリです。

 

 

 ネパールにとってヒマラヤという観光資源は、永遠に枯渇しない資源です。この資源を利用して、ネパールの人が自主独立の心で活躍してほしい。サランコットに建設されるホテルアンナプルナビューにはそのような願いが込められています。その思いに大いに賛同するのです。今年から建設が始まりました。1月に上棟式、3月に整地開始、6月に240mのボーリングに成功して水が出ました。

 高度差700m、距離2300mのサランコットに登るケーブルの建設許可もおりました。

 

 ポカラの昔からの急激な発展が、好ましい方向に進むことを心から願っています。(大森弘一郎)