核恐怖の代償

 

 一つの地球に住んでいる私たちは、地球が持つ自然災害の可能性の中にあります。でもこれはいつもは恵みでもありますから、人々は予告なく訪れる自然災害には、自らの姿勢への反省を思い、自分の過ちだと思うのです。

 

 全く無駄な、人の愚行は核開発です。人を大量に殺し、文化を破壊し、地球上の人や生物を滅亡に追い込み、100万年は環境を修復不能にするであろう「核」。ますます使いやすく小型化にして開発が進んだと喜んでいます。

 それがロシアに7000発、アメリカに6800発、フランスに300発、中国に270発、英国に215発、パキスタンに140発、インドに130発、イスラエルに80発、北朝鮮に20発。いったい何のために、いつ使うためにあるのでしょうか。核は使うために作られています。それを人間の中の睨みあった10名ぐらいが発射のボタンを持っているのです。

 

 愚行というか、狂気というか。その核廃絶に対する国連の動きに、唯一の被爆国の日本が水を差しているのだから、これもどうにもならないです。そこに訳の分からない正当な理屈を言う学者もいるので呆れます。

 

 国家予算を世界中で足すと、1000兆円ぐらい。100億人の地球に住む人たちは、ひとしく地球上で平安に生きる権利があるはずです。それを脅かしている核保有国はその人々の恐怖に対しての補償をするべきでしょう。保有数の割り勘で。核保有税を核保有国に請求しましょう。

 地球人の半分に一人10万円だとすると。

50億×10万円=500兆円。これは核保有国も払いきれない。核禁止条約加盟国はこれの取り立てをやればいい。もちろん核が無くなれば不要の核保有税です。(大森弘一郎)